トップ / インプラントの知らなかった情報

インプラントは奥深い

インプラントの知らなかった情報

インプラントとアタッチメント

アタッチメントとは、雄雌の差し込み式になっている維持装置のことをいい、磁石、ボール、ロケータの種類があります。総入れ歯の場合には、これを組み入れることにより、装置も見えずに外れにくくなります。磁石の場合には、維持力が少し不足していますが、インプラントと本来の天然の歯のどちらにも取り付けができます。ボールやロケータは、インプラント用に開発されていて、とても良い維持力を保つことができ、快適となっています。特に、ロケータについては、これからの期待のできるものとして注目されていて、磁石を使うのは天然の歯の場合のみとなることでしょう。

義歯治療とアタッチメント

歯が全て欠損してしまった場合、インプラントを併用したバーアタッチメントデンチャーという治療方法があります。これは、骨に対して土台となる金属を埋め込み、そこに金属の土台を取り付けて金属バーで連結した後バーを挟むクリップのついたアタッチメント義歯を装着していきます。入れ歯がずれたり、外れたりすることもなく、見た目的にも自然な歯と変わらないというメリットのほか、通常のインプラント治療よりも費用が比較的安いとメリットがあります。また、土台が一つで良いため身体に埋める金属も少なくできることもメリットとなっています。

↑PAGE TOP