トップ / インプラントに触れられるキホン

インプラントの学習は

インプラントに触れられるキホン

インプラントのアレルギー

体には、アレルギーを起しやすい金属と起しにくい金属があります。現在は、インプラントの埋め込む部分には、生体親和性が高いチタンを使用しているため、ほとんど害がないといわれてます。いわゆる、インレーやクラウンが良くないとされているのは、体に好ましくない銀やパラジウムの金属が入ってる、保険内のインレーやクラウンのことです。インプラントに使用する自費治療で使うプラチナ、金、チタンやジルコニアなどは、体にとって為害性が低いために使われることが多いです。心配な場合には、パッチテストを受けて自分の体質を知ることも大切です。

義歯治療のアレルギー

インプラントに使われるチタンは、今までアレルギーが出ないと言われてきましたが、アレルギーを持つ人がいることが分かりました。そこで、パッチテストを行い、ジルコニアという他の金属を使って治療を進めるようになりました。どの金属に反応するかをあらかじめ調べることで、治療を希望する患者さんがインプラントをできるようにしています。以前治療した所に、急に症状が出ることもあるので、そのような場合は除去して体内から出すことが優先されます。家系や体質的に心配な場合は、パッチテストをしてどの金属が使えないのかを確認しましょう。

↑PAGE TOP