トップ

インプラントの知識

インプラントを考える始めの話

インプラント手術の安全性

インプラントの安全性については、まず手術を行うときには局所麻酔をきちんと打ってから行います。また、歯科治療そのものに抵抗感を覚えるという人もいますが、その場合は動脈内沈静法と呼ばれる方法により眠ったまま治療を行うという方法もありますので安心して治療を受けられます。 インプラント治療においては痛みを感じることはほとんどありません。また、手術を受けるときに入院する必要もなく負担に感じることなく治療を受けられるようになっています。治療を受けてから翌日には通常と同じように生活することができることもメリットです。

義歯治療と安全性について

歯の治療において、初めてインプラントを行うときは、安全性について心配や不安があるかもしれません。まずしっかり局所麻酔をしますので痛みはありません。恐い方は静脈内鎮静法などを併用して手術を受けることもできます。次に素材についてですが、親和性が高いチタンが使われます。チタンは整形外科の手術などでボルトなどに使われる素材で、安全性が高いことで知られています。そのためインプラントの素材としても安心して使うことができます。なお、手術は高度な技術を要しますので、どこの歯医者さんでも良いのではなく、専門医がいる歯医者さんがおすすめです。

↑PAGE TOP